賃貸のノウハウ 賃貸のノウハウ 賃貸のノウハウ

賃料が格安な傾向がある築年数が経った賃貸

image

賃貸物件を探している方々は、賃料を重視しています。できるだけ格安な物件に住みたいとのニーズも多いですが、それを望むならば築年数を妥協する選択肢があります。なぜなら築年数次第で、かなり格安に居住できる事もあるからです。

賃貸物件の家賃は、築年数と大きな関係があります。全体的な物件の傾向を見ますと、たいていは築年数が古い物件ほど家賃も低めな状況です。例えばある地域に、非常に多くの賃貸物件が見られるとします。

そこに立地している全ての住宅の家賃相場は、6万円前後だとします。ところが地域の家賃相場は、前述の築年数と大きな関連性が見られるのです。築年数が古い物件などは、相場は低めの傾向があります。例えば築年数が10年から15年の物件の場合は、家賃の相場が5万円前後だとします。それに対して5年から10年の物件の場合は、相場が6万円前後などの具合です。

一般的には築年数が新しい物件ほど家賃の相場は高めになってきます。ですから築年数が3年以内の物件となると、相場は8万などとかなり高めになっている事もあります。そして人によっては、物件の築年数をあまり重視していない事も見られます。築年数の古さというよりも、むしろ格安か否かの方が大切だと考えている方も見られますが、その場合は敢えて古い物件を選ぶのも一つの方法です。全般的には築年数が15年以上の物件は、家賃の相場も格安な傾向があります。

ただし格安な物件でも、あまり雰囲気が古めかしい住居になるのでは、と躊躇する方も多いことでしょう。その場合は、リフォームが行われているか否かをポイントに物件を探してみるのもお勧めです。すでにリフォームが完了している物件の場合は、たとえ築年数が古くても新しい雰囲気が感じられます。いわゆるリノベーションの賃貸などは、かなり年数が古くても新築同様の雰囲気になっている事もあるのです。格安で、しかも新築に近い雰囲気の物件に住みたい時には、リフォーム済みの賃貸に着目してみるのも一つの方法と言えます。